銀行員の転職と年齢

銀行員求人TOP >> 銀行員の転職の基礎 >> 銀行員の転職と年齢

銀行員の転職と年齢

銀行員の求人は、各銀行によって募集年齢や募集条件は異なりますが、特に気を付けておきたいのが年齢です。銀行員への転職を希望する方は、現在の年齢も考慮する必要があります。なぜ転職で年齢が影響するのかと疑問が湧くかもしれませんが、銀行の場合、配属される部門や地域によって職場の平均年齢が大きく異なるからです。

銀行は営業部門や投資部門、規模によっては国際部門など、様々な部門が存在します。中でも経験や実績を積むため、多くの方が配属される部門が営業部門ですが、銀行によっては20代・30代の銀行員が多数働いており、逆に40代・50代の方が少ないケースなどがあるのです。このため、例えば40代の方が銀行員へ転職後、営業部門配属になったとしても、世代間のギャップを感じてストレスが溜まったり、人間関係で悩むことになる場合もあります。逆に営業職の経験を活かせる機会ですので、営業経験者の方は職場で重宝されることもあるでしょう。

一方、投資部門や国際部門、融資に関する業務担当者などは平均年齢が高く、40代〜50代の方が大半を占める銀行も少なくありません。これらの部門は、銀行業務の中でも特に重要な役割を担っており、営業部門などで経験や実績を積んだ方が多数配属されています。仮に転職で営業部門へ配属された場合、将来的にこれらの部門を目指すとなると、早めに転職して知識・経験を身に付ける必要があります。年齢を重ねるほどスタートが遅くなるからです。キャリアプランにも影響しますので、今後銀行員としてキャリアップを目指す方は年齢を意識しておきましょう。

銀行員の求人では、応募年齢の上限が設けられていることも珍しくはありません。その銀行が求める人材にもよりますが、35歳〜40歳が上限になっている求人も良くあります。銀行員の求人をチェックした際、応募年齢に合わない可能性もゼロではありませんので、転職時の年齢は非常に大切なのです。特に金融業界が未経験の方は、求人の募集年齢をチェックするとともに、転職する時の年齢にも気を付けたほうが良いでしょう。

しかし、全ての銀行員の求人が該当するわけではありません。中には年齢の上限を設けず、幅広い人材を募集している求人もあります。今までの知識や経験を活かせるチャンスでもありますので、積極的にチェックしてみるのも良いでしょう。ただし、どの部門に配属されるかは求人次第のため、必ず確認しておきましょう。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.