銀行員の適性(向き・不向き)

銀行員求人TOP >> 銀行員の転職の基礎 >> 銀行員の適性(向き・不向き)

銀行員の適性(向き・不向き)

銀行はお金を常日頃から取り扱っている仕事です。また帳簿を照合して、1円単位でもつじつまの合わないものが出てくると大問題になります。ですから銀行員にふさわしい人は、几帳面であることは欠かせないでしょう。預金業務や貸付業務、為替業務と銀行に携わる仕事はどれも数字を取り扱い、かつ正確性が求められます。タイプし間違いで、ゼロを余計にくっつけたとか少なかったということで大問題になる可能性が高いです。数字を正確に入力し、しかも完了してもまた確認をしてミスがないかコツコツと仕事のできる人は銀行員に向いているといえます。

銀行員は、お客さんの預金を保管して、お金を必要としている事業者や個人にその一部を貸し出しています。銀行員はお客さんの大事な資産を預かって、貸し付ける重要な立場にあります。また資産の他にも、顧客情報を管理する立場の人もいるでしょう。このため、他の職種に輪をかけて倫理観・正義感がしっかりしていないといけません。もし倫理観や正義感に欠けている人が銀行員になってしまうと、例えば銀行のお金を持ち逃げしてしまうとか、顧客情報をどこかに流すといった犯罪行為をするかもしれません。もちろん犯行が発覚次第、厳しい法的なペナルティをその人は受けるでしょう。しかしそれだけでなく、銀行の評判もガタ落ちになって、同僚にも大きな迷惑をかけかねません。

もし銀行員として仕事をするのであれば、お客さんの大事な資産や情報を預かっているのだという自覚を強く持つことが求められます。お客さんの資産や情報で私腹を肥やそうとは決して思わないことです。

銀行員の中でも総合職になった場合、誰もが貸付業務を経験するでしょう。簡単に言えば銀行のお金を融資することなのですが、このお金はそもそもお客さんが口座に預けているお金です。間違っても貸したお金が回収できないといった事態は避けなければなりません。そのためには銀行員が目の前の「お金を融資してほしい」といっている人をチェックして、本当に融資した資金が回収できそうかどうか判断する必要があります。

ちなみに銀行の貸付業務ですが、個人よりも企業相手の業務が中心となるはずです。となると、融資申し入れをしている企業の経営状態を見て、将来性があるかどうかを判断する必要が出てきます。よって、もともと経営に関して興味があるとか、財務情報などが読めるなどの専門知識を持っている人の方が銀行員向きといえます。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.