銀行員の採用職種の分類

銀行員求人TOP >> 銀行員の転職の基礎 >> 銀行員の採用職種の分類

銀行員の採用職種の分類

銀行の求人情報や採用情報をチェックしてみると、しばしば総合職とか一般職といった名称が出てきます。エントリーをするにあたって、どちらに応募すればいいのかわからないという声をしばしば耳にします。総合職と一般職ですが、仕事内容が変わってきます。

総合職とは、幹部候補生のことをさします。そして文字通り総合的に、いろいろな銀行の職務を経験してもらってトータルの実力を育成していく方針が取られます。基本的に仕事内容は、銀行の担当する業務全般となると思っておきましょう。その中でも主力の仕事になるのが、外回りの営業と融資判断といったことになります。得意先の企業や個人を定期的に訪問して金融商品を売り込むとか、新規の融資のお客さんを開拓するのも重要な仕事の一種になります。

一方一般職とは、いわゆる窓口業務を担当するスタッフです。銀行で手続きしたことのある人はお分かりでしょうが、口座開設や振り込み、納税といった手続きをこなしていきます。銀行は通常、昼3時で閉店をします。これで一般職は解放されるのではなく、その日にあった入金と出金伝票を帳簿に記載されている額と比較して、問題ないか確認します。もし間違っている場合には、その間違いが解決するまではずっと銀行で作業をしなければなりません。1円でもつじつまが合わなくても問題になります。

総合職の方が、将来の出世の夢が広がるといえます。順調に実績を重ねていけば、支店長から幹部候補、そして経営陣に入ることも可能です。ただしこの出世過程の中で何か問題を起こせば、出向という形で銀行のレールから外れるとか、退職を迫られる場面もあるかもしれません。ちなみに自分のミスだけでなく、例えば支店長をしているときに部下が何か不都合なことをした場合でも責任を取らされる可能性は十分考えられます。リスクがありますが、その分一般職と比較すると給与は高めに設定されています。またハードな責任ある仕事を任されるので、残業なども結構頻繁にあり得ます。残業した場合でももちろん残業手当が付きますから、さらに給料はアップします。

このように同じ銀行で仕事をすると言っても、一般職と総合職とではだいぶ性格が異なります。一般職は比較的はいりやすいですが、総合職の場合、学歴やこれまでの職務実績などを見て、いわゆるエリートを選別する傾向があります。銀行に転職するにあたって、応募する職種をどうすべきか、慎重に検討をした方が良いでしょう。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.