銀行員の転職と学歴

銀行員求人TOP >> 銀行員の転職の基礎 >> 銀行員の転職と学歴

銀行員の転職と学歴

銀行員と学歴ですが、密接な関係にあるとしばしば指摘されています。銀行を見てみると、学閥が形成されているところも結構あります。「あいつはどこどこの大学を出ている」といったこともいろいろと銀行の中では言われることです。銀行員で出世したければ、少なくても大卒が前提で、しかもどの大学を出ているかも重要な問題になります。特にメガバンクのような大手の銀行になってくると、銀行員のほとんどが国公立大学もしくは私立の中でも難易度のトップレベルに高いところで固められます。

銀行は給料が高く、社会的ステータスもある、経営母体がしっかりしているから安定した環境で仕事ができるということで、学生の志望数がどうしても多くなります。募集を出している銀行としてみれば、多数の応募者が来ても丁寧に1人1人の採用試験はできません。そこで入口の段階で、ある程度ふるいにかけてしまうのです。この時にどこの大学を出ているのかが、一種のフィルターになるわけです。銀行の求人情報を見てみると、「学歴不問」とか別に学歴について何も記載されていない案件が多いです。しかしこれは本当に学歴を見ていないのではないことを頭に入れておきましょう。

銀行員の入社と就職は新卒の時だけで、転職者の場合それまでの実績が重視されるのではと思う人もいるでしょう。確かに転職者の場合、特に前職が銀行員や金融関係の仕事をしている場合、即戦力になるかどうかも重視されるポイントではあります。しかし学歴が全く採用に影響を与えないかというと決してそうでもなさそうです。先ほども見たように、銀行によっては学閥が構成されていることもままあります。学閥のあるような銀行の場合、その大学の出身者であった方が採用されやすいです。またもし実績を買われて採用されたとしても、学閥のない銀行であれば、いわゆる一匹狼のようになってしまって、職場の中で浮いた立場になって、仕事のしにくい環境に身を置くことになるかもしれません。

ですから学歴は転職するときにも、多少はついて回ると思った方が良いです。特にメガバンクのようなところに転職を希望するのであれば、どのような学歴の人がいるのかを見ておいた方が良いでしょう。なかなか学閥のようなものは、表には出てこないかもしれません。しかし最近はインターネットというツールがあります。ネットを見てみると、企業内のことに関していろいろな情報が記載されています。このような情報も少し参考にして、転職先を検討してみましょう。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.