銀行員の転職とタイミング

銀行員求人TOP >> 銀行員の転職の基礎 >> 銀行員の転職とタイミング

銀行員の転職とタイミング

転職したいけど中々タイミングが掴めない、という方もいるのではないでしょうか。転職はきっかけやタイミングが重要ですが、特に銀行員へ転職する場合はタイミングに気をつける必要があります。一歩間違えてしまうと、再転職する羽目になりかねず、銀行員への転職に失敗するおそれがあるためです。銀行員へ転職する時は、しっかりタイミングを見極める必要があるでしょう。

一般的な転職のタイミングは、その企業に入社してから3年目〜5年目と言われていますが、これは銀行員への転職を希望する方に関しても同じことが言えます。銀行員の転職は早ければ早いほど良いため、転職を意識し始めたらすぐに準備を始め、在職中に転職活動を始めるのが良いでしょう。また、同時に退職へ向けての準備も行っておけば、スムーズな転職が可能になります。スケジュールを立てて転職活動を行っていきましょう。

早めの転職が良い理由はいくつかあります。特に銀行は、実力主義の場合と年功序列の場合があるため、転職が早いほど有利なケースも多いのです。転職先の銀行が人事評価にどちらを採用しているかによって、昇進のタイミングが異なりますが、実力主義を採用している銀行の場合、早めに転職をすれば、その分早く昇進できるチャンスがあります。仕事での実績と経験が認められれば、数年で支店長へのキャリアップも可能になります。

ただし、キャリアアップを目指したい方は入社からの年月に関わらず、キャリアアップしたくなった段階で銀行員へ転職するのもおすすめです。ただし、この場合はキャリアプランが重要です。例えば銀行員へ転職し、数年後には支店長へのキャリアアップを目指したり、本店で中間管理職に昇進するなど、明確なキャリアプランを立てておくと転職のタイミングも見極めやすくなるでしょう。

しかし、銀行員に転職するタイミングは早ければ良いとは言っても、すぐに退職してしまうような人材は欲しがりません。例えば入社して1年経たずに転職活動を始め、銀行の採用試験を受けても、採用担当者も良い印象は持たないでしょう。銀行が求める人材に適しているかも重要ですが、人材の採用には時間や手間、多大なコストがかかることから、短期間で辞める人材は採用リスクが大きいのです。ある程度の勤務経験が無ければ、書類選考の段階で落ちてしまう可能性もあります。銀行員に限りませんが、すぐ転職するようなことは避け、現在勤めている企業で3年〜5年は働いてから転職したほうが良いでしょう。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.