年収1000万円以上の銀行員求人

銀行員求人TOP >> 条件別の銀行員求人 >> 年収1000万円以上

年収1000万円以上の銀行員求人

銀行員は高年収ですが、年収1000万円以上のハイクラスの人はそう多くはないです。年収1000万円以上の転職ですが、自分から探すというのではなく、スカウトを受けることが多いです。en転職というサイトが転職コンサルタントにアンケートをとったところ、年収1000万円以上の転職に成功した人の8割近くはエージェントからのスカウトもしくはヘッドハンティングだったと回答しています。一方求人サイトに登録して情報収集して、応募するという従来のスタイルで転職成功している人は17%と2割にも満たなかったのです。つまり年収1000万円以上の転職をするためには、経験や能力を周りが評価して声をかけてくるケースが多いです。

年収1000万円以上の銀行の求人ですが、かなり絞り込まれると思っておきましょう。というのもほかの職種と比較して高収入といわれる銀行の世界でも、年収1000万円以上となると何かしらのポジションに就くことになります。そうなるとヒラの募集よりもポジションにつける人の数は限られるので、出てくる求人もどうしても少なくなるのです。

また年収1000万円以上支払うとなると、銀行もそれなりのものを要求してきます。求職者が高い専門性を持っているか、豊富な経験を持っているかをシビアに判定します。転職活動する人が注意しないといけないのは、客観的に自分の経験や能力を評価しているかです。先ほどのenの転職コンサルタントへのアンケートによると、1000万円以上の案件を希望している人の場合自己評価が上がりすぎてしまう傾向があると言います。このため、世間一般の市場価値との間に違いが起こりやすいです。するとなかなか思っているように転職活動が進まないといったことも起こりえます。

1000万円以上の銀行に転職成功している人ももちろんいます。その人々の成功のポイントとして共通しているのが、相手の銀行に関する分析を的確に行えていることです。そして自分がその銀行でどのように貢献できるかを考え、それを面接の場などできちんと伝えることに成功しています。1000万円というかなり高い報酬を支払う以上、銀行もそれだけのものを求めてきます。法人営業や個人営業など、銀行の力を入れている部分を把握して、自分の実績でこのように貢献したいと具体性を持ったアピールをすることが大事です。

また銀行もメガバンクを中心に海外への進出を活発に行っています。そこでビジネスレベルの英会話スキルを持っていることも、採用されるためのカギになるでしょう。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.