第二新卒可の銀行員求人

銀行員求人TOP >> 条件別の銀行員求人 >> 第二新卒可

第二新卒可の銀行員求人

第二新卒といって、新卒から勤務3年未満の若い人の転職ですが、銀行の場合は決して簡単ではないと思っておいた方が良いでしょう。というのも銀行の中途採用の場合、キャリア採用であるケースが多いからです。つまり実務経験がどの程度あるのか、即戦力として活用できるかを重視しています。第二新卒のようなキャリアの十分な人材の場合、どうしても不利になってしまうのです。ただし第二新卒でも転職に成功している人はたくさんいます。第二新卒が銀行の転職に成功するためには、相手を惹きつける何かが必要です。

第二新卒の方の実務経験はまだ不十分かもしれません。しかしそれでも仕事をしているわけですから、今までに何かしらの実績をあげてきた人もいるでしょう。その場合そこを転職活動の時にアピールポイントとしたいところです。特別今までの仕事の中でアピールできる所はないというのであれば、例えば大学の時にインターンシップで職業体験をしているといった場合なども転職活動するにあたってアピール材料になるでしょう。ですからどうしても転職したければ、採用活動にチャレンジしてみる価値はあります。

ただしむやみやたらに転職活動をしても、なかなか結果は出ないでしょう。そこでまずは、なぜ転職をしたいのかを考えることです。第二新卒で転職を検討しているのは、何か理由があるはずです。今の銀行などを辞めてまで転職したい理由を具体的に考えることです。

第二新卒を採用してくれる銀行の中でも、多くとってくれる職種があります。銀行によって多少違いがありますが、地域総合職もしくは一般職であれば、採用される可能性は高くなります。総合職は将来の幹部候補が就く職種になります。職務経験1〜3年程度の方の場合、総合職で採用されるのはなかなかないでしょう。

第二新卒の場合、ポテンシャル採用になる可能性は高いです。つまり今まで何をやってきたかではなく、これからどうするかということの方が採用試験では重視されるわけです。自分の知らないことに関して学ぶ姿勢を持っているなどの、成長意欲を持っているかどうかは銀行の第二新卒の採用では重視されます。例えば「こんな資格を取得した」とか「空いている時間を使って読書をしている」といった感じで自己研さんに励んでいることをアピールしてみましょう。このような具体的なエピソードを話すことで、何かやるにあたって熱意を持って取り組む人材を思わせることが大事です。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.