30代の銀行員求人

銀行員求人TOP >> 条件別の銀行員求人 >> 30代

30代の銀行員求人

30代の銀行の転職市場ですが、結構活発です。30代はまだ十分若いですし、それなりのキャリアを積んでいる人が多いです。即戦力として期待でき、かつこれから長い間銀行で活躍してくれる可能性が高いです。年代別でみれば、30代の中途採用が最も多いはずです。銀行の30代の転職動向を見ると、男性が中心で推移していました。しかしだんだんと女性の転職希望者も増えてきています。キャリアアップを希望する女性の転職も活発で、求人情報を見ても、女性人材を積極的に採用している金融機関も少なくないです。

30代の銀行の求人情報ですが、その大半は総合職もしくは地域総合職になります。これまでの経験を生かしてもらえるような職種の募集がほとんどです。一方一般職ですが、銀行の窓口業務とか法人営業部のアシスタントが中心です。専門性はあまり高くなく、研修をすれば誰でもこなせる業務内容であることが多いです。よって30代の人材ではなく、若い新卒のスタッフを求める傾向が見られます。30代の募集もあるにはありますが、パートや派遣といった非正規雇用が多いと思っておきましょう。

30代の銀行員の求人を見てみると、法人営業を担当してくれる人材の募集が多いです。営業経験があって、コミュニケーションスキルなどの営業力の高い人、前職で営業の実績を残している人が求められます。また30代に差し掛かってくると自分が営業として動くだけでなく、部下の上に立つような人材を銀行も必要とします。そこでリーダーシップを持っている人、できれば実際にチームのリーダーなどとして管理経験・監督経験のある人は好まれます。もし管理や監督のポジションで金融業界にて実務経験を持っている人がいれば、そこはアピールしておきたいところです。

30代くらいになってくると、異業種転職は厳しくなります。異業種転職はいうなれば、銀行での実務経験を持っていないことと同じです。そのような30代の人材を雇うのはリスクがあると判断されがちです。しかし30代でも条件によっては、異業種転職できる可能性はあります。

まずは同じ金融業界でキャリアのある人です。具体的には保険会社や証券会社などです。また他の業界でも、職種が一種であれば応募してみる価値はあります。例えば、人事や総務といった部門のスタッフを募集している銀行があれば、他の業界でも採用される可能性はあります。他の業界で仕事をしてきたけれども、銀行で仕事をしてみたいと思っているのなら、自分の今までの経験の活かせる職種がないかチェックすることです。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.