40代の銀行員求人

銀行員求人TOP >> 条件別の銀行員求人 >> 40代

40代の銀行員求人

40代の方で銀行を転職しようと思っている人がいれば、まずそれほど求人は多くないと思っておくべきです。全体的な傾向として、20代や30代と比較すると数も少なくなります。40代になると、銀行の中ではそれなりのポジションについているはずです。部長とか副部長といったポジションで仕事をしている人も多いでしょう。もしこのような待遇で中途採用をすれば、給料面などそれなりの待遇で対応しなければなりません。

また40代になると、定年ということも視野に入れていかないといけなくなります。まだまだと思うかもしれませんが、20代とか30代と比較するとやはり定年までの時間が短いと思われがちです。このように40代の転職には、いろいろとリスキーな部分がどうしても出てきてしまいます。特に都市銀行は40代の求職者に対する目はシビアです。というのも都市銀行の場合、50歳前後が実質的な定年といわれているからです。この年齢で銀行の役員になれなかった人はグループ企業やクライアントの経理部長になります。いわゆる出向です。出向までの期間は10年もありませんから、わざわざそのような人材をとるのなら20代とか30代で、と思ってしまうのです。

40代の求人情報を見てみると、ほとんどの案件が本部セクションで占められると思いましょう。専門性の高い人であれば、採用される可能性があります。今採用して銀行にメリットをもたらしてくれるかどうかで判断されます。例えば金融業界で「このジャンルにこの人あり」というような高い評価を受けている人とか、今まで高い実績を安定してあげ続けた人などが対象です。またその分野で実務をとるだけでなく、自分の持っているスキルや経験を次の世代に伝えていく役割も担っています。

40代の銀行員の転職を見てみると、都市銀行から地方銀行に行く人も多いです。都市銀行で勤務していると、定期的に転勤しないといけません。しかし40代になると家族もあって、子どももそれなりに大きくなっている人も多いはずです。そうなるとそう頻繁に転勤があると困るという人も出てきます。地方銀行の場合、転勤はあるかもしれませんが地域も限られます。腰を据えて生活できるので、多少収入が下がっても地方銀行への転職を希望する人も多いです。地方銀行を見てみると、都市銀行で実績を持っている人材であれば、40代でも採用してくれる所は多いです。40代になると既婚者も多いでしょうから、転職する際には家族と十分話し合ってどうするか決めましょう。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.