50代の銀行員求人

銀行員求人TOP >> 条件別の銀行員求人 >> 50代

50代の銀行員求人

50代の銀行求人ですが、それほど数は多くないと思った方が良いでしょう。やはり定年までそれほど時間がない、待遇もそれなりで応じないといけない点がネックになるからです。ただし少ないながらも50代を対象として銀行の募集が出ていることは出ています。もし転職をして環境を変えてみたい、自分のやってみたいことにチャレンジしてみたいと思っている人がいれば、情報収集から始めましょう。

50代の銀行員の求人は、まず基本的に銀行業界で実務経験を有している人が対象です。50代に差し掛かってから、異業種転職するのはさすがに無理でしょう。銀行業務の中でも、特にいくつかの特定の経験を有している人を募集する案件が時折みられます。まずは、融資営業経験者です。返済計画を作成するとか、進捗状況の管理、監督官庁への報告書作成といった分野で実務経験を持っていれば、積極的にアピールすべきです。また融資先のコンサルティング的な仕事の募集も出ています。営業担当として、融資はじめ融資先の会社の相談にいろいろとのったことがあれば、面接のときにPRしておきたいところです。

また販売系の実務経験を持っている人も、もしかすると50代で転職に成功できる可能性があります。銀行でも投資信託とか年金保険関連の商品をいろいろと販売しています。このような販売経験のある人を求める金融機関も結構多いです。資産運用のコンサルティング的な仕事になるので、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていて、その資格を生かした実務経験を持っている人は重宝されます。できれば金融商品に関する専門知識プラスアルファのあった方が、転職活動をするにあたって有力な武器になりえます。具体的には住宅ローンとか相続、生命保険といったジャンルで専門知識を持っていると転職もやりやすくなるでしょう。

50代の銀行員を対象にした求人情報も出ていることは出ています。しかし決して簡単に転職先は確保できないと思っておきましょう。そこで、希望する職場の条件で妥協をすることも必要になります。たとえば正規職員ではなく、契約とか嘱託といった雇用形態での募集を探してみるなどです。その他にも銀行だけにこだわらずに、もう少し柔軟性を持って求人情報を探してみることです。例えば銀行のグループ傘下にある関連企業なども視野に入れれば、選択肢も広がってくるでしょう。50代になると転職先の確保は難しいと思って、幅を持たせておくことが大事です。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.