英語が生かせる銀行員求人

銀行員求人TOP >> 条件別の銀行員求人 >> 英語が生かせる

英語が生かせる銀行員求人

銀行員には様々なスキルが求められますが、一部の銀行では英語が必要になっています。このため、大学などで学んだ方や、TOEIC・TOEFLの受験経験がある方は、英語を活かした求人を選んでみるのも良いでしょう。一般的な銀行業務ではほとんど必要が無いものの、部門によっては活用できます。また、給与に反映される可能性もありますので、英語スキルをお持ちなら銀行員への転職を機に活かしてみるのもおすすめです。

ただし、英語スキルが求められる業務は少々限られますので、求人を選ぶ際は注意しましょう。特に英語が話せる人材を求めているのは、海外事業を手がけているメガバンクや一部の地方銀行、各銀行の外資や投資部門などです。これらの銀行や部門では、英語がほぼ必須スキルになっている場合もあるため、英語が話せる人材や、TOEICスコアの高い人材などは重宝されているのです。英語能力を活かせるチャンスでもありますので、積極的に応募してみるのも良いでしょう。

海外事業を手がけている銀行や外資・投資部門では、海外の顧客と商談する機会も決して少なくありません。こうした事情から、英語に精通している銀行員が求められており、スムーズに取引をすすめる上では欠かせない存在となっています。特に海外の顧客が多いメガバンクなどの場合、英語能力次第では海外への転勤や昇給も期待できます。昇進に好影響を与えることもあるのです。

また、外資系の銀行・投資銀行も英語を活かせる職場と言えます。海外から日本へと赴任してきているケースも多く、普段の業務ではもちろん、職場でのやり取りやコミュニケーションでも英語が活かせます。社内や組織で英語が日常会話に使われている場合も珍しくありませんので、逆に言えば英語が出来なければ採用される可能性も低いと言えます。外資系の銀行は決して数が多くありませんし、求人も国内銀行ほど見かける機会はないですが、もし見つけた場合、応募を検討してみてはいかがでしょうか。外資系は基本給が高い職場も多い上、実績を積めば更なる年収のアップが期待できます。

普段の銀行業務で英語が必須となる場面は少ないですが、英語を活かせる求人が沢山あるのも事実です。例えば窓口業務の場合、外国人の顧客対応ができるだけでも職場で重宝される可能性があります。ただ、英語力を証明できなければいけませんので、資格欄に取得資格やスキルを書き入れたり、面接でのアピールを忘れないようにしましょう。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.