一般職の銀行員求人

銀行員求人TOP >> 条件別の銀行員求人 >> 一般職

一般職の銀行員求人

銀行の職種として総合職と一般職に分類されます。一般職の転職と聞いて、違和感を抱く人もいるかもしれません。一般職は新卒採用ばかりで、中途採用している所があるのかというわけです。結論から言いますが、一般職の中途採用も、もちろんあります。ただし案件数で見てみると、決して多くもないと理解しておきましょう。

一般職は銀行窓口業務とか、法人営業部のアシスタント的な役割が中心です。即戦力としてキャリアのある人材を何が何でも採用する必要は、正直言ってありません。中途採用をするくらいであれば、新卒の人材をとって、人材育成しながら末永く活躍してもらった方が良いという考え方をする銀行もあるようです。しかも最近の傾向として、一般職は正規職員だけでなく、派遣やパートのような非正規雇用で賄っている銀行も結構あります。中途採用しなくても、派遣やパートで人件費を抑制しようと考えても不思議ではありません。

ただし一般職の中途採用が全くないわけではありません。求人サイトをチェックしてみることですし、またどうしても入社してみたい銀行があれば、直接電話を入れてみてもいいでしょう。求人情報を出していなくても人事部に掛け合ってみると、採用してくれるケースもないことはないです。

一般職の中途採用に応募するには、自分のキャリアの棚卸しをしてみることです。一般職の求人を見てみると、やはり業務に関係のある領域で実務経験を持っている人の方が採用される可能性は高いです。銀行をはじめとした金融関係で仕事をしていた人はもちろん、他の業界でも会計や経理をしていた人であればアピールするとプラス材料になる可能性は十分あります。

先ほども紹介したように、銀行の一般職は窓口業務を法人営業部のアシスタント業務に大別できます。そこで求人情報をチェックするときには業務内容を確認して、どちらの案件なのかを見ましょう。自分の今までのキャリアを考えて、より活躍できるフィールドはどちらかを考えましょう。

銀行の一般職ですが、異業種転職もチャレンジしてみる価値はあるでしょう。ある程度の社会人経験を持っている若い人で、まじめに業務に取り組んでみたいという熱意が伝われば採用される可能性は十分あります。銀行の一般職の転職ですが、総合職などと比較すると決して数は多くないかもしれません。しかしこまめに求人情報をチェックすれば、募集の出ている可能性もあります。興味のある人は、求人を確認する習慣をつけておきましょう。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.