メガバンクの銀行員求人

銀行員求人TOP >> 条件別の銀行員求人 >> メガバンク

メガバンクの銀行員求人

メガバンクの中途採用は比較的頻繁に出ています。メガバンクに転職するにあたって、もともと金融業界で仕事をしていた人は採用されやすい傾向があります。やはり業界ならではの知識や経験を有しているのは、採用する側からしてみると魅力的です。そこでメガバンクに金融業界経験者が転職を希望するのなら、具体的な職務内容まで確認することです。自分にキャリアのある部門の募集であれば、経験がアピール材料になります。

異業種転職はメガバンクでは厳しいのではないか、このように思っている人もいるでしょう。しかしメガバンクの求人動向を見てみると、他の業界からの人材も積極的に受け入れる傾向が見られます。銀行で働く人といわれると、経営とか経済学部出身の人が大半だと思い込んでいませんか?しかし実際には文学部とか、工学部のような一見するとあまり銀行とは関係ない学部の出身者も多いです。

メガバンクはお金を貸す業務やお客さんのお金を預かる業務だけと思っている人もいるかもしれません。しかし銀行にはいろいろな部門があって、銀行内のシステムの運用・管理やマーケティング業務、海外進出を検討しているクライアントへのアドバイスなど多岐にわたります。このような業務の中にはほかの業界での知識や経験が生きる場合もあるので、異業種転職の募集も多いわけです。ただし異業種転職をする場合、年齢は若い方が良いでしょう。30代に差し掛かってくると、異業種転職で採用される可能性は低くなります。

メガバンクは日本全国に支店を展開しています。そこで総合職の中途採用に応募して面接試験を受けた際、面接官から「日本全国に転勤してもらうことになるが問題ないか?」といった転勤に関する質問は確実に出てきます。メガバンクに総合職で中途採用されれば、おそらく転勤は2〜3年に1度くらいのペースで求められるでしょう。これはあまりに長い期間、特定のお客さんとお付き合いすることでいわゆる癒着関係にならないようにするためです。特に家庭を持っている人は、転勤することに問題はないか、家族と相談することです。

メガバンクでも地域総合職や一般職であれば、転勤はないと思ってもらっていいでしょう。転勤があったとしても小規模な転勤で、同じ地域内の異動にとどまるはずです。引っ越す必要もないでしょう。地域総合職の場合、地域内での転勤はあります。しかし通常の総合職と比較して、大体4〜5年に1度くらいのペースで、スパンも長めです。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.