信託銀行の銀行員求人

銀行員求人TOP >> 条件別の銀行員求人 >> 信託銀行

信託銀行の銀行員求人

銀行の求人動向を見てみると、メガバンクの募集は落ち着きを取り戻していると言います。多角的に事業展開をしていて、大量採用もしばしば行われてきました。しかしそれもひと段落をして、内部人材の整理をする状態になっています。それに代わって積極的に求人を出しているのが、信託銀行です。信託銀行の求人募集がかなり頻繁に出ています。中には大規模な中途採用の募集を出している所も見られます。これまでの信託銀行では見られなかった、積極的な中途採用になっています。

なぜ人材の採用に積極的になっているかというと、信託銀行の運営形態に変化が出てきているからです。これまでは大手企業などから余裕資金を預かり、その資金で株式や債券に運用することが主要な業務でした。しかし株式が上昇することで、企業から預かったお金が大きく膨らみました。そうなると、この大きくなったお金を使ってさらに運用して利益を出していきたいと考えます。そこで新事業を開拓する必要が生じ、今までよりも幅広い人材が必要になってきているわけです。

そこでとくに信託銀行の求人の中で活発に出ているのが、法人営業の案件です。大きくなったお金をどうするか、そこで多くの信託銀行がシフトしつつあるのが、預かったお金をほかに貸し付けて、利息を取って儲けを出すという従来の銀行の行ってきた営業スタイルです。そこで企業などのクライアントを新規開拓するための法人営業の募集がたくさん出てきているわけです。銀行で実務経験を持っている人を積極的に採用する傾向が見られます。

信託銀行の求人を見てみると、個人営業の案件も増えてきています。住宅ローンや教育ローン、自動車ローンを取り扱ってくれるような人材の募集です。ただし個人営業の場合、求人情報をしっかりと確認しておきましょう。信託銀行の場合、有期の嘱託という雇用形態で募集しているケースも多いからです。年収に関しても求人情報を見ると、年収400万円から600万円としている所が多いです。今まで銀行で営業職をしていた人からしてみると、年収で若干物足りなさを感じるかもしれません。

しかし募集が出ると、応募者が殺到することも珍しくないです。これは大手銀行のように、ハードルの高いノルマなどがないからです。このため、無理な営業や長時間残業、休日出勤もなく、自分のペースで営業ができます。身の丈に合った仕事をしたいと思っている人の間で、信託銀行の個人営業の仕事は注目を集めています。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.