銀行員のボーナス相場は?

銀行員求人TOP >> 銀行員に関するFAQ >> 銀行員のボーナス相場は?

銀行員のボーナス相場は?

会社で仕事をしていると、年に2回のボーナスが重要という人もいるでしょう。銀行員のボーナスに関するデータを見てみると、年齢によってもらえる金額は違ってくるようです。20代から30代にかけては、あまりボーナスは特筆すべき金額ではありません。20代のボーナスの平均が80万円、30代になると100万円といったところが相場になるでしょう。

しかしこれ以降になると、ボーナスの平均額が一気にアップします。40代になると平均は200万円を超えてくると言います。さらに50代になると、ボーナスだけでも平均で400万円をオーバーするという話も出てきます。50代になると通常銀行員は出向を命ぜられ、籍を失うことが多いです。生き残っているのは、幹部クラスの人ばかりなのでボーナスも役職に見合った額になるとも言えます。

このように言われると給料同様、銀行員は恵まれていると思うかもしれません。しかし銀行の中でも支給されるボーナスの額に格差が見られるという話もインターネット上ではしばしば指摘されることです。例えば、同じ銀行でもメガバンクと地方銀行とでは、だいぶ待遇に違いがみられるという話もあります。

メガバンクの場合、銀行員に支給されるボーナスの額もかなり大きいようです。メガバンクの中には、年に2回・夏と冬にボーナスの支給されることが多いですが、この1回あたりのボーナスだけでも100万円以上支給している所もあります。しかし地方銀行の場合、ここまでまとまった額のボーナスを支給している所はあまり多くないでしょう。地方銀行の場合、ネットバンクの台頭で厳しい競争にさらされる傾向があります。そこで財政事情が安泰ではない地方銀行の場合、ボーナスカットなどもあるかもしれません。

銀行の場合、業績をあげた人に対してはしっかり給料を支払うけれども、業績の出せない人は給料が安いままなどの能力主義を重視している所が多いです。この傾向は給料だけでなく、ボーナスでも反映している所も多いです。つまり銀行の場合、一律同額でボーナスを給付するのではなく、実績に応じて差別している所も結構見られるのです。例えば銀行員には、厳しいノルマを課している所も多いです。もし課せられたノルマを達成できないと、その銀行員のボーナスが大幅にカットされることも珍しくはないです。そのほかにも、給料も減額されたというケースも見られます。自分の仕事を正しく評価してほしいという人にとって、このようなボーナスの評価はモチベーションになるでしょう。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.