銀行員は結婚が早い?

銀行員求人TOP >> 銀行員に関するFAQ >> 銀行員は結婚が早い?

銀行員は結婚が早い?

人生の中でも大きなイベントである結婚ですが、職種別にみると銀行員は結婚するのが比較的早いと言われています。なぜ銀行員の結婚が早いかですが、その仕事の特性に大きく関係していると言われています。まず銀行員ですが、世間一般からは社会的ステータスの高い職業と見られる傾向があります。そして銀行員となると、お客さんの多額のお金を預かる任務が就きます。そうなると、何よりも銀行員には信頼性が求められる傾向があります。結婚して家庭を持っているとなると、社会的な信用性が高まります。お客さんに信用してもらうために、結婚を早くしようとする銀行員は多いです。

時折ニュースなどで、銀行員がお金を横領したなどの犯罪が報道されます。このような不正行為を予防する観点からも、銀行員は早めに所帯を持つことが推奨されます。やはり何かよからぬことをしようと思っても家族がいると「家族に迷惑をかけてしまうかもしれない」と思えば、実行にはブレーキがかかります。

銀行員は収入が良いなどのメリットもあれば、デメリットもあります。デメリットの中でもしばしば指摘されているのが、転勤を頻繁に行わないといけない点です。長く同じ営業エリアを担当することで、お客さんとの間で癒着が起こらないようにするために必要なことです。メガバンクになると、2〜3年に1回くらいのペースでいろいろなところに移動することも決して珍しくないです。一人でいろいろな慣れない土地を転勤するとなると、ストレスもたまるでしょう。ところが結婚して家族ができ、一緒に転勤することになれば、勝手知ったる人がそばにいてくれるのでそれほどストレスにもなりません。転勤になってもさびしい思いをしないように、早く結婚したいと思う人は多いわけです。

あと子どもを早く独立させたいから、結婚を早くしたいという事情もあります。子どもを育てるには教育費はじめ、いろいろなお金がかかってきます。教育費ですが、子供一人を大学まで卒業させるとなると、合計で2000万円くらいかかってくると言われています。銀行員の場合、他の職種と異なる特殊な事情があります。銀行員は幹部として以外は、50歳前後になると関連会社などに出向するという形で事実上の定年になってしまいます。通常の会社よりも10年近く定年の来るのが早いわけです。自分が定年を迎えるころには、子どもの独立にもある程度めどをつけておきたいという意識が働き、早めに結婚しようという形になるのです。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.