銀行員の転職後の後悔は?

銀行員求人TOP >> 銀行員に関するFAQ >> 銀行員の転職後の後悔は?

銀行員の転職後の後悔は?

転職は必ずしも成功するとは限りません。転職後に後悔してしまうことも決して珍しくはないのです。銀行員への転職も同様で、転職後に後悔してしまったり、失敗したりすることも十分考えられます。銀行員へ転職を検討している方は、転職に失敗しないためにも入念な準備が必要になるでしょう。

銀行員に転職後、後悔する理由としてもっとも多いのが、思っていた仕事と違うというものです。銀行員は安定した職業で、転職先としても人気が高いことから、花形のようなイメージを抱く方も少なくありません。しかし、日々デスクワークをこなしたり、窓口で顧客対応にあたるなど、実際は少々地味な業務が多くなっています。このため、転職前に思い描いていた仕事と実際の仕事にギャップを感じ、転職して後悔する方もいるのです。このようなギャップを埋めるためにも、実際の業務を把握してから転職する必要があります。

また、給料と仕事が釣り合わないと感じてしまう方も中にはいます。銀行員は高給取りというイメージを持つ方もいますが、実際は銀行や配属される部署、地方などによって大きく異なります。例えば年収1,000万円以上を得ている銀行員もいますが、400万円〜500万円程度と、他の職業と比較してほとんど変わらない場合もあります。一方で、規模の大きな銀行は業務量が多く、給与に見合わないと感じる方も少なくないのです。銀行員に転職する時、給与をあまり考慮せず求人を選んだり、どの銀行も給与が高いと思い込んで転職すると後悔する可能性があります。

思い描いていたキャリアプランを実現できず、転職後に後悔するケースもあります。銀行員から支店長、幹部へとキャリアアップを望んで銀行員に転職した後、数年経っても支店長にすら昇進できないというパターンは珍しくありません。実力主義の銀行も多くありますが、実績が認められない限りはキャリアップも難しいのが現状です。部署によっては、ポストが空いておらず、中々昇進できない場合もあります。また、採用時の職種もキャリアに影響しますので、例えば総合職で応募するなど、求人選びの段階からキャリアプランを見据えた準備が必要になります。

銀行員への転職そのものは決して難しくありませんが、転職に成功するかどうかは話が別です。転職後に後悔しないためにも、仕事内容や給与はしっかりと確認し、キャリアアップを目指す方は配属される部署などもチェックしておきましょう。転職を成功させるためにも、求人は慎重に選ぶことが大切です。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.