銀行員の定年後は?

銀行員求人TOP >> 銀行員に関するFAQ >> 銀行員の定年後は?

銀行員の定年後は?

定年を規定している企業は少なくはありません。定年に達すると自動的に定年退職となり、退職金が支給されたり、定年後しばらくは一定の待遇を受けられる場合もあります。他の企業と同様に、各銀行にも定年が設定されていますが、銀行員の定年は55歳前後とも60歳とも言われています。定年後に別の企業へ出向あるいは転職する方もいれば、退職金を得て第二の人生を楽しむ方もいますが、実際はどのような選択肢があるのでしょうか。

銀行員の定年後は、金融に関する知識や経験を活かして、他の金融業へ再就職する方も中にはいます。例えば、生命保険会社や証券会社などへ出向したり、特別顧問として雇用されるケースです。定年後に新しい職場で働く方も少なくありませんが、銀行員時代の実績が求められることから、現役のうちに様々な知識・経験を身に付け、実績を積むことが重要です。生涯現役で働きたいと考えている方は、定年後は金融業などへの転職も視野に入れてみると良いでしょう。

また、銀行員は定年後に退職金を貰える場合が多いため、再就職はせず、第二の人生を楽しむ方も少なくありません。退職金は銀行や勤続年数によって異なりますが、2,000〜3,000万円ほど貰えることもあります。これを元手に資産運用を行っている方もいます。一方で、定年後に貰える退職金を使い、旅行や趣味を楽しむ方もいますので、銀行員の定年後は様々な楽しみ方があると言えるでしょう。

ただし、銀行によっては定年まで働くことが難しいため、注意が必要です。特に50歳〜55歳くらいになると、関連会社や取引先企業への転籍を命じられることも多く、銀行で働き続けることができない場合もあるのです。出向であれば銀行に籍が置かれるため、給与等は今までの水準を保たれますが、いずれにせよ他の企業への転籍・出向などには注意しておいたほうが良いでしょう。

なぜなら、転籍あるいは出向を命ぜられた場合、退職金の支給額に影響することがあるためです。定年まで働くことを前提にした場合、転籍などによって退職金の支給額が減少し、定年後に第二の人生を楽しむには心もとなくなるケースあります。銀行員の定年後は多数の選択肢がありますが、転籍などを命じられてしまう可能性があることを覚えておきましょう。定年を迎える前に退職し、再転職する方法もありますが、銀行員として長く働きたい方は、しっかり将来のビジョンを考えてから転職することをおすすめします。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.