銀行員の初任給は安い?

銀行員求人TOP >> 銀行員に関するFAQ >> 銀行員の初任給は安い?

銀行員の初任給は安い?

銀行員は高収入である、このようなイメージは世間に広く浸透しているかもしれません。もちろん都市銀行や地方銀行など、どこに勤めているかによって違ってきますが、平均年収は600万円を超えることも決して珍しくはありません。全部の職種の平均年収が400万円程度といわれていますから、いかに銀行員の収入が高いのか、お分かりになるでしょう。しかしこと初任給だけ見てみると、それほど銀行員は恵まれた環境にいるとは言えません。

銀行員の初任給を見てみると、総支給で月給20万円を切ることもざらにあります。銀行員の場合、大卒で入社する人も多いでしょう。しかし初任給は手取りで13万円くらいだったということもよく聞く話なのです。ちなみにこの給料の低い傾向ですが、当面は続くと思った方が良いでしょう。おそらく働き初めて数年間は、低い収入のままで推移する可能性が高いです。20代はそれほど他と比較していいと思えるような給料はもらえないでしょう。インターネットに投稿されている情報を見ても、月給で20万円から25万円の間という人が多いです。こうしてみると、ごくありふれた給料の額と思えませんか?

銀行は、かなり能力主義を重視する傾向が見られます。このため、成果を出して周りから評価され、役職がついてくると一気に給料アップするケースも多いです。20代で役職が特にない場合、年収は350万とか400万といった額になる人も普通にいます。しかし30代の中盤から40代に差し掛かってくると、役職のつく人も増えてきます。そうなると中には、年収1000万円に乗ってくる人も出てくるわけです。ちなみにメガバンクなどに勤めると、30代とか40代になってくると年収800万円以上もらっている人も普通に出てきます。

銀行に就職して、20代で辞めてしまう人も少なくないです。これは先ほども紹介したように、初任給が低くて、あまり思ったように昇給していかないからです。しかも残業などもあって、ストレスもたまる仕事だから割に合わないと思ってあきらめてしまうわけです。しかし上で紹介したように、30代過ぎまで頑張って役職がもらえるようになれれば、一気に収入もアップします。そこまでこらえて仕事を続けられるかどうか、銀行員として成功するための一つのポイントといえます。大きなミスをしないこと、銀行の仕事に関係する資格を取得するなどすれば、収入のアップする可能性がありますから試してみる価値はあるでしょう。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.