銀行員に多いストレスは?

銀行員求人TOP >> 銀行員に関するFAQ >> 銀行員に多いストレスは?

銀行員に多いストレスは?

銀行員はほかの職種と比較すると給料が高く、また社会的ステータスも高いと考えられています。このため、銀行で仕事をしている人をはたから見ると羨ましいと思うかもしれません。しかし高待遇である一方、銀行員として仕事をするにあたってストレスもいろいろと掛かると言います。

例えば銀行の仕事の中でも花形の一つに、営業があります。営業は融資をとってくることが求められ、ノルマを課している金融機関が多いです。このノルマをクリアできないと、上司から叱責の飛ぶこともままあります。ノルマをクリアするために、残業も多くてストレスもかかるというケースも出てきます。夜6時の普通であれば仕事が終わる時間帯から外回りに出かけるという銀行員もいます。

銀行員の仕事の中でもメインは、融資を希望している企業にお金を貸すかどうかです。融資を実行するかどうかですが、簡単に言えば貸したお金を利子をつけて返済できる能力があるかどうかをチェックすればいいです。しかしここで問題になってくるのは、人情です。例えば経営状態の厳しい会社から融資をお願いされた場合、融資を断るとその会社がこれ以上経営できなくなることもあります。そのような時に冷酷に融資を断ることができるかどうか、感情のある人間にはなかなか難しいことです。経営状態や将来性を冷静に判断しなければ、銀行が債権回収できなくなり、損失を計上します。しかし融資を断る時には、長い付き合いのある会社であればあるほどストレスを感じる銀行員は多いです。

銀行員はお金を扱う仕事です。このため、1円でも書類が合わないとなると大問題です。もしそのようなケースが起きれば、すべてのデータを見返してどこに間違いがあるのかを見直さないといけません。ミスができないというのは、ある意味仕事をするにあたって大きなプレッシャーになります。これは営業だけでなく、テラーでも同じようなストレスにさらされます。

仕事が終われば、自由というわけにもいかないのが銀行員の大変な所です。今度は勉強をしないといけません。銀行員のことを周りは金融に関するスペシャリストと判断します。このため、金融商品から社会経済まで幅広い知識を持って、お客さんからの問い合わせに答えられるようにしておかないといけません。また銀行の中には、銀行業務検定とかファイナンシャルプランナーといった関連資格の取得を推奨している所も多く、資格取得のための勉強もしていかないといけません。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.