銀行員の研修体制は?

銀行員求人TOP >> 銀行員に関するFAQ >> 銀行員の研修体制は?

銀行員の研修体制は?

銀行に入社すると、通常新人のための研修を実施します。この研修を通じて、銀行員として活躍するための心構えや最低限の知識やスキルを獲得します。また銀行の研修ですが、すでに実務経験を有している人を対象にしたものもあります。例えば別の銀行に転職したとか、役職が付く場合などに研修を実施します。今までのやり方と勝手が違うので、そのギャップで悩まないようにやり方をあらかじめレクチャーします。

銀行の研修の中には、ラダー方式の研修プログラムを用意している所も見られます。つまりその時々のビジネススキルに応じたカリキュラムを何通りか用意しているのです。いきなりハイレベルのプログラムを実施しても、十分なキャリアのない銀行員は理解できません。そこで習熟度に応じて、まるで梯子を上っていくかのように徐々にレベルの高いスキルをマスターしていくのです。社内外に提出するビジネス文書の作り方から始まって、ロジカルシンキングを養う研修とか指導者向けのOJTの研修といった感じで、幅広いバリエーションでプログラムを用意している金融機関も見られます。

銀行員の仕事は、ほとんどのケースで接客対応が求められます。窓口業務もあれば、営業もクライアントありきの仕事です。そこで顧客に対するマナー研修も多くの銀行で取り入れています。銀行の業績をアップさせるためには、顧客満足度をいかにあげるかも重要なポイントです。対面時はもちろんのこと、電話がかかってきた場合のマナーなども勉強します。

銀行はお金を取り扱う仕事なので、財務に関する専門知識も要求されます。このため、各種書類の読み方や分析のやり方についての研修もあります。具体的には財務分析の方法や確定申告書の読み方などを学習します。会社の経営状態を理解できていないと、融資をしてもいいかどうかの正確な判断ができなくなります。

さらには銀行でもオンラインシステムを導入しています。顧客情報などのシステムをオリジナルで開発している所も、メガバンクのような大規模銀行を中心に広がっています。そこでシステムを利用する方法なども研修で学んでいきます。このように銀行に関する多様な項目に関する研修が行われます。

口コミなどを見てみると、新人の研修は厳しいと言われています。だいたい1か月前後、新人のための研修が行われます。この研修期間中に銀行を辞めてしまう人も毎年数人くらいでいると言われます。銀行の研修ですが、決して簡単なことではありませんが、今後仕事をしていくにあたって重要な学習の場にもなります。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.