銀行員の転職率は?

銀行員求人TOP >> 銀行員に関するFAQ >> 銀行員の転職率は?

銀行員の転職率は?

銀行員の転職率は、他の業界と比較して高いと言われることがあります。しかし、どの銀行も転職率が高い訳ではなく、地方銀行よりもメガバンクの転職率が突出して高くなっているのです。気を付けておきたいのは、銀行員の転職率のみが他の業界より高いとは限らないという点です。転職率は、各銀行で大きな差があります。

一般的に転職率の高い銀行の場合、3年以内に2割〜3割の方が離職し、5年以内に半数の方が辞めてしまうと言われています。一方で、転職率が3割以下の銀行や、ほとんど辞める方がいない銀行も多いのです。ただし、他の業界でも、離職率が同様の水準になっていることもあるため、あくまでも目安の一つに過ぎません。

銀行員が離職する理由は様々ですが、特に多い原因はノルマに追われてしまうことです。各銀行は投資信託を始め、様々な金融商品を販売していますが、販売ノルマが設定されている場合も多く、目標を達成できない状況が長続きし、上司との関係が悪くなったり、ストレスが溜まって辞めてしまうパターンです。こうしたノルマの影響で、数年以内に離職する方が多いと言われています。

また、人間関係や顧客のクレームが嫌になって辞めてしまうケースもあります。特に銀行は人間関係が複雑な組織ですので、働く上でコミュニケーション力は必須と言っても過言ではありません。また、顧客対応に追われることも多く、場合によってはクレーム処理をしなくてはいけないことから、ストレスを溜めて離職する方もいます。銀行員へ転職する前に、このような状況を乗り越える方法を考えてみるのも良いでしょう。

しかし、実際の転職率は銀行によって異なりますので、安心して働くためにも、各銀行の大まかな転職率をチェックしてから応募することが大切です。確認方法はいくつかありますが、特に簡単な方法は求人を募集している頻度です。その銀行が何度も求人を出していたり、長期間募集を続けている場合は、離職者が多いと考えられます。すぐに人が辞めてしまうため中々人が集まらず、ずっと銀行員の募集を行っているからです。特定の銀行の求人を何度も見かけた時は、応募は慎重に検討したほうが良いでしょう。

銀行員の仕事は人によって向き・不向きがあります。高い給料が魅力の職業ですが、入社後にすぐ離職することを避けるために、自身の適性を一度チェックしてみるのもおすすめです。なぜ銀行員が良いのか、一度理由を考えてみるのも良いでしょう。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.