銀行員の1年目離職率は高い?

銀行員求人TOP >> 銀行員に関するFAQ >> 銀行員の1年目離職率は高い?

銀行員の1年目離職率は高い?

高年収で社会的地位も高いと思われる銀行員は、周りから見ればうらやましい職種と思われがちです。しかしそのような銀行に入行できても、1年目で離職してしまう人も案外多いです。なぜせっかく苦労して就職できた銀行を辞めてしまうかですが、いくつかの理由があります。

まずは銀行員として生活するのに、窮屈さを感じて嫌気がさしてしまうという人がしばしばいます。銀行員は顧客から大事なお金を預かる仕事になります。このため、高い信用力が求められ、いろいろと規約も厳しくなります。さらに業務上の制約もいろいろとあるので、若くて自由でいたいと思う銀行員の中には耐えられないという事例も出てくるわけです。例えば恰好なども厳しく制約されます。例えば女性行員の場合、銀行の制服に合うようなナチュラルメイクが求められますし、髪型なども清楚さを感じさせるようなスタイルが求められます。今では若い女性の間には茶髪や金髪も結構当り前です。OLさんの中でも茶髪にしている人も多いですが、銀行員の場合茶髪もNGというケースも見られます。このような厳しい制約と折り合いが付けられるかどうかは、銀行員として仕事を続けるにあたって重要なポイントになりえます。

銀行員になる人は、特に総合職で就職する方に多いですが、もともとプライドの高い人が多いです。銀行員という社会的ステータスの高い職種につけるということは、いわゆる難関大学を優秀な成績で卒業している人が多いです。エリートコースを今まで進んできたので、自然とプライドが培われています。ところが銀行を見てみると、派閥などに代表されるように職場の人間関係が結構複雑です。そのような人間関係のある職場で溶け込めずに孤立してしまうケースもあります。結果的にそのような浮いた存在でいつづけることに我慢できなくて、1年目で離職してしまうのです。

銀行員は厳しいノルマが課されています。このノルマですが、支店ごとに設定されます。そして支店の営業マンにそのノルマを割り振っていくのですが、1年生にも少額ではあるもののノルマが課せられます。このノルマがプレッシャーになってしまって、精神的にも肉体的にも疲弊してしまって、1年目に離職するパターンも結構見られます。またノルマをクリアできなかったことが、新人行員にとって大きな挫折になるかもしれません。ノルマをクリアできず、上司などから叱責されて自信を無くし、離職してしまう人も見られます。

銀行員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 銀行員転職ランキング All Rights Reserved.